×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

渋谷公会堂とは

渋谷公会堂というのは東京都の渋谷区にあるコンサートなどが行われている有名なホールです。渋谷公会堂は渋公と略して呼ばれることもあります。渋谷公会堂は2006年からの五年間は、施設命名権が設定されたことによって渋谷C.CLemonホールとい名前で呼ばれることに決められています。渋谷公会堂ができたのは1964年の事でした。もともとは東京オリンピックの際の重量挙げをする会場として使われたのですが、翌年の1965年には渋谷公会堂はコンサートホールとして開かれることになりました。渋谷公会堂はコンサートや公開番組などを収録したりして使われていることもしばしばありました。渋谷公会堂ではザ・トップテンや8時だョ!全員集合などの人気の番組の収録も行われていたことでも有名な会場です。現在では渋谷公会堂は主にコンサートなどを行う会場としてジャンルを問わずクラッシックなどのコンサートも行われています。様々な歴史のある渋谷公会堂は渋谷駅から歩いて10分の距離にあります。

軽キャンカーのメリット

渋谷公会堂で今までに起きたエピソードを紹介したいと思います。渋谷公会堂といえばBOOWYファンは忘れられないコンサートホールではないでしょうか。1987年に渋谷公会堂でコンサート中だったときにリーダーの氷室京介が突然解散宣言をしました。渋谷公会堂の中にはいることができなかったファンたちが渋谷公会堂に押しかけて大暴動を起こして渋谷公会堂のガラスが割られる事件にまでなりました。渋谷公会堂では変わったコンサートも行われていて1981年に行われた大滝詠一のコンサートではコンサートを聴きに来たお客さんが渋谷公会堂にヘッドフォンを持参して、自分のヘッドフォンを装着してコンサートを聴くという異例のコンサートが渋谷公会堂では行われていたそうです。渋谷公会堂はこのようにコンサートの会場になったり、昔の人気番組の生放送には欠かせない会場として渋谷公会堂は利用されていました。渋谷公会堂でコンサートなどを行うということはアーティストにとっては一つのステータスになっているようです。

渋谷公会堂の命名権

渋谷公会堂では命名権が販売されて2006年の9月20日に電通が渋谷公会堂の命名権を取得しました。それから渋谷公会堂の命名権はサントリーに転売されたので渋谷公会堂の名前が今の渋谷C.C.Lemonホールという名前になっています。渋谷公会堂の契約料は年間8000万円だそうです。渋谷公会堂の契約期間は5年間だそうですから、渋谷公会堂という名前は2011年まで渋谷公会堂ではなくて、渋谷C.C.Lemonホールという名前になることになっています。渋谷公会堂の前には入り口に大きな看板が出ていてC.C.Lemonとか枯れています。しかし渋谷公会堂でコンサートを行うアーティスト達にとっては渋谷公会堂という名前のある会場でコンサートやライブを行うということがステータスや憧れ、夢や目標になっていた多ために、5年の間だとしても渋谷公会堂の名前が変わるということにはとても不満を感じているそうです。渋谷公会堂の命名権を取得して転売した電通にも批判の声がたくさん聞かれているようです。

Copyright © 2008 渋谷公会堂が何より好き♪